身代わり

コロナで外出自粛の中

溜まっている文庫本を読んでいると

あることに気づいた

身代わり、成りすましの本が多いのだ


東野圭吾の「幻夜」、宮部みゆきの「火車」小杉健治の「父からの手紙」など

いろいろな事情があり

他人の身分を乗っ取って生きている

こういう話は小説だけで留めてほしいが

現実にもあるのだろうと思う


そんな本を読むなといわれそうだが

興味がわくのだ


今読んでいるのは「最期」という本

身代わりの小説

ゆっくりと読むことにしよう



DSC_0113.JPG

"身代わり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント