テーマ:小説

DVD

土曜日 レンタルビデオ店でDVDを借りてきた パラレルワールドラブストーリー 東野圭吾の小説を映画化したもの 劇場にも見に行ったのだが DVD化されたので借りてくることにした お気に入りの焼酎をのみながら ゆっくりと楽しむことにしよう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛をください~辻仁成~

金曜日 木津川にも持って出かけた 小説本「愛をください」を読み終えた この著者の本は初めて読むのだが 内容はすごく良かった 感動したのである 菅野美穂主演でドラマ化されたが 生憎そのドラマは見ていないのだ レンタルDVDも無さそう 読み終え多くの人に読んでもらいたいので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖

日曜日 リーダーと福井に バイクツーリングに出かける予定だった 少し早起きをして用意していると 雨が降り出してきたのだ タイミングよくリーダーから どうするのメールがきた 天気が悪くなるので残念だが中止した 今日の予定もなくなったので 午前中電車で琵琶湖1周に出かけることにし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワル

東野圭吾の作品には 男女ともワルが登場する 「私が彼を殺した」の主人公 穂高誠は多分男であれ女であれ 恨まれるんだろうなぁと思ってしまう 東野作品に出てくる「ワル」は近くにいてほしくないのだ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリー列車が消えた

東海道本線に面白い駅があった そこは下り列車しか来ないらしい なぞなぞみたいな駅だ この駅が登場する小説本がある 西村京太郎の「ミステリー列車が消えた」という本 さっそく図書館で検索し借りてきた 内容は明かせないが この駅ならではのことが書いてある 読み終え今度は現地に行ってみたくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織田信長

お正月前に図書館で本を借りた お正月休みにゆっくりと読書しようと思っていたのだ 借りている本は 「織田信長」の小説本 彼が天下統一をしていったのを 小説にしてあって興味深いのだ 織田信長という人物は賛否両論があるが あの時代は厳しくなければ生き抜けなかったのかなと思う 彼がもう少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名も無き毒

宮部みゆきの小説 「名も無き毒」と「誰か」を読み終えた 図書館で借りてきたもの レベル7や魔術はささやく そして火車などの小説があり すきな作家の1人だ 最近は読んでいなかったが ドラマをやっていたせいもあり(実際は見ていない) 借りてきた おもしろかったので TVドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レベル7

宮部みゆきさんの小説「レベル7」を読み終えた。 「火車」以来久しぶりの宮部作品を読んだが ちょっと中だるみな内容だったように感じる。 もっと早く終わりがきてもいいかな? またこの本は図書館に寄贈しよう
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「織田信長」

今図書館で「織田信長」の小説本を借りて 読んでいる。 烈しい人物だったようだが 何か目的を持って生きていたように感じる。 彼が生きていれば歴史が変わっていたかな? タイムマシンでもあれば彼に会ってみたいと思う 残念だ。 織田信長(4) 天下布武の巻(山岡荘八歴史文庫 13)講談社山岡 荘八ユーザレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「彼のオートバイ、彼女の島」

昨日部屋の掃除をしていたら 昔のビデオテープがたくさん出てきた。 その中に「彼のオートバイ、彼女の島」という映画があった。 さっそく見てみた。懐かしさでいっぱいだ 若き日の竹内力さん、原田貴和子さんなどが登場している。 いまどきこんな映画ないよなぁと思っている。 原作の片岡義男さんの小説も見ないよなぁ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手紙(小説本)

久しぶりに東野 圭吾の小説が読みたくなって 先日「手紙」を買ってきた。 東野作品にしては最初はつまらない印象だったが 読み進めていくうちにグイグイ引き込まれていった。 さすが東野 圭吾もう完敗である。 またまた虜になってしまった。 山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカという人気若手実力派俳優…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまたまた

またまた東野圭吾の「夜明けの町で」を読んでいます。 みなさんがお書きになっているように 「不倫」の話が出てくる まだ最初の部分であるが このような女性がいると不倫に走ってしまうような気がする 注意しないとなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪女2

予定通り、東野圭吾の「回廊亭殺人事件」を読み終えた 東野作品にしては、ちょっと物足りないような感じがした。 前にも書いたが東野作品に出てくる悪女に1度会ってみたいなと思っている 個人的な話だがTVドラマ「白夜行」の綾瀬はるかはイメージが違うような気がする ゴメンナサイ もっと何か怖いというか危険という…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

降り遅れ?

今日の朝、通勤時に東野圭吾さんの小説 「回廊亭殺人事件」を読んでいたところ 内容に夢中になっていて 降りるべきバス停の直前まで 気が付かず、危うく降り遅れるところであった。 多くの人が降りられたのでセーフだったが・・・・ もし降り遅れても、次のバス停から歩けばいいし たいした事はないんだけど それより良いところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた

昨日、またまた東野圭吾の本が読みたくなって 図書館へ行った。 文庫本の棚に「鳥人計画」と「回廊亭殺人事件」があったので 「回廊亭・・・」を借りました。 今日の通勤の帰りに読み始めました。 なんか2日ぐらいで読み終えそうだ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トキオ」

先日買った東野圭吾の「宿命」読み終わりました。 内容にぐんぐん引き込まれ ずっーと読んでいました。 さすが東野作品もう完敗です。 数ある東野作品の中でも 少し優しいと言うか夢があるのが トキオと言う作品だと思います。 主人公であるトキオがタイムスリップして 若い頃の自分の父親に会うというお話 トキオに出会ったおかげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文庫本

一昨日久しぶりに文庫本を買った。 いつもは古本を買うのが定例であるが 今回は読みたくなって思わず買ってしまったのである。 東野圭吾著の「宿命」と言う本である。 東野圭吾の本を読み始めて5年くらいかな 最初は確か「ブルータスの心臓」と言う本だったと思う TV化されている「白夜行」をはじめ 私はすっかり嵌っている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深夜特急

今日近くの古本屋へ行ったところ 「深夜特急」という文庫本があった 内容は、主人公が日本からイギリスまで路線バスで 旅をする紀行文(?)である。 私はこの本が発売された10年ぐらい前に 全6巻を揃えてもっていたが いつ頃からか、無くなってしまっている。 今回ここで全6巻が揃って売っていたので 思わず買ってしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪女

突然ですが私が思う悪女が2人います。 小説の中での話しですが・・・・ 1人目は、宮部みゆきさんの小説「火車」の中に出てくる 「関根 彰子」 2人目は、東野圭吾さんの小説「幻夜」の中に出てくる 「新海 美冬」 2人とも、他人の身分を乗っ取り生きています。 他人の身分を乗っ取るまでのプロセスが違うけれど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more