テーマ:癒し

仁淀川ツーリング3

仁淀川に来るのは5年ぶりである。 先に来ていた皆さんにご挨拶して 適当な場所にテントを張る。 今回デビューのテントである。 テントも張れたので少し休憩する テント内で横になり1時間ほどウトウト・・ ゆっくり起き出して先ほど買ったコンビニ弁当を食べる。 食べ終わると早速出艇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっておきの場所2

私の変な趣味の1つに芝生での昼寝がある。 いろいろなところへバイクで出かけ 良さそうな芝生があれば昼寝をするのである。 狙いとしてはスキー場 出来ればシーズン以外でも何らかの営業をしている スキー場が望ましい・・・でもなかなか少ないのが現実 そんな中のとっておきの場所に行こうかと思っている。 場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンピングカー

以前からキャンピングカーが欲しいと思っていたが 今のところ買えそうに無い。 しばらくはまたテントキャンプを続けようかと思っていたが いろいろなアウトドアのページを探っていたところ 車の屋根につけるテントがあるのを発見した。 これで十分じゃないかっと思ってしまう。 利点としては、思いたった時にいつでもキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝ヶ池公園

昨日休みだったので 妻を連れて宝ヶ池公園へいった。 せっかくの休みなので何処かへ行こうと誘っていたが 彼女はあまり乗り気でなかったが・・・ 子供たちが登校したあとに 近所のスーパーでお寿司を買って出かけた。 宝ヶ池公園の芝生に敷物を敷いて お寿司をいただいた。 外で食べるごはんはとっても美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海へ

8/27三重県・紀北町 小山ハウスのシーカヤックツアーに行って来た 前からやりたいと思っていたのでうれしい。 リバーカヤックは何回か経験があるが シーカヤックは今回初めてなので緊張する。 まずはレクチャーを受け海へ漕ぎ出す。 大海原へ漕ぎ出す気分はなんともいい 湾内のテトラポットの内側の波のないところで練習した後 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野大花火

8/17に三重県熊野市で行われた花火大会へ行ってきた。 日帰りの所謂弾丸ツアーである。 当日新大阪をバスで出発 途中、谷瀬の吊橋や熊野本宮大社などに寄り 花火会場に着いたのは午後5時 すでにたくさんの人が居ました。 花火は午後7時から9時まで約2時間 たっぷり堪能しました。 帰りは駐車場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微妙???

明日三重県の川原へ昼寝に行こうと思っていたが 天気が悪いので微妙になってきた。 予報では午後からは晴れるようだが 台風の動きによっては・・・ というところである。 他の癒しスポットでお茶を濁そうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度も

次の火曜日、先日いった三重県のとある川に遊びに行こうと思って 子供たちに声を掛けたところ 誰も行かないということなので 1人で行ってこようかと思ってます。 ツーリングを兼ねてバイクで 朝早く出発し 泳ぎ、昼寝とゆっくりして来ようと 思ってます。少し楽しみです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プール

昨日、娘のバスケットボールの試合観戦に行ってきた。 第1試合と第2試合の間が2時間空くので 下の娘たちを連れて、同じ公園内にあるプールへ行く 前の仕事の時は仕事帰りによく泳ぎに行っていたが 今の仕事になり、泳ぐ時間が少なくなった。 まぁやる気の問題だが・・・・ 時間を見つけて泳ぎに行きましょう{%花火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納涼床

京都の鴨川河川敷に納涼床なるものがある。 鴨川沿いの料理屋さんが 屋外にやぐらを組み その上にテーブルや畳などを敷いて そこで食事をしてもらうと言うもの 夏期だけの期間限定だ 今日その納涼床で 夕食をいただく機会に恵まれた。 料理はまずまず。 涼しくて気持ちがよかったなぁ 京都 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっておきの場所

7月25日から2泊3日で三重県紀北町へ 川遊びに行ってきた。 ここには銚子川という清流がある。 なぜ清流かというと、全長24kmの内上流20kmは人が住んでいない 人が住んでいるのは下流部4kmである なので川が汚れないのだ その上流部の魚跳峡で川遊びをしながら のんびりしてきました。 海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見

仕事の関係で猪名川町の静思館に行ってきました。 古民家を保存するため猪名川町が買い上げた施設だ 見学は無料で中の部屋でゆっくり過ごすことができる。 バスの時間まで読書をしながら ゆっくり過ごしてました また行きたいなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野川ツーリング

先日熊野川をカヌーで下ってきた。 小川口ー小船まで約10kmの区間 初めてカヌーツーリングは94年の北海道 8年のブランクを経て 毎年どこかの川に出かけている。 約1年ぶりカヌーツーリング 久しぶりのカヌーで天気もよく 楽しかったです。 また行きたいなぁ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホタル

昨日兵庫県・多可町へいった。 失礼ながらあまりみんな知らない町だ。 兵庫のそんな田舎町にも 名所があります。 なんとホタルが乱舞するらしい どんなものか1度行ってみようと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西宮市大谷記念美術館

西宮市大谷記念美術館へ行ってきました。 それどこ? といわれそうですが、兵庫県の西宮市にあります。 全国区でいうと阪神甲子園球場の近くということになります。 美術館というとちょっとハードルが高そうだが あまり気にせず行かれると良いかと・・・ 前にも書きましたが、 ここの美術館は収蔵品もさることながら 庭園が綺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワムツ

何年か前に滋賀県のある川に遊びに行き カワムツを捕まえて 水槽で飼って見た あまり手をかけてないけど 長生きしていた。 なんかもう1度飼ってみたいなと思う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田文庫

大阪の池田市にある、池田文庫というところへ行ってきた。 阪急電鉄の創業者・小林一三氏が作った図書館(?)である。 阪急電鉄は知る人ぞ知る、宝塚歌劇団の親会社である。 館内には宝塚歌劇関係や阪急電鉄関係の本などがあり 自由に閲覧できる。 池田市の丘の中腹にある 閑静なところでゆったり読書ができるところが 気に入りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっておきの場所

今日妻のバイクでツーリングに行ってきた。 行き先は兵庫県のとある町 自宅から高速などを使わずに 約1時間・・手頃な距離である。 妻のバイクはヤマハのSerrowと言うバイクである 私のは所謂大排気量なので もう妻のバイクの軽さに驚きの連続 近くのツーリングならこれで十分だ 今日いった町は何も無い 田舎町であるが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さくら

今日、宝塚市にある清荒神清澄寺に行ってきました。 阪急清荒神駅から歩くこと20分 清荒神の山門が見えてきた。 この境内に鉄斎美術館がある。 みなさんあまりご存知ないかもしれないが 落ち着いたいい美術館ですよ。 境内の本堂の前にさくらがありました。 思わず見とれて、嬉しい気持ちになりました。 天気もいいしまさに春満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの場所

仕事でよく訪れる 大阪府の某市役所のロビーに 水槽がおいてある。 カワムツ、タナゴ、ヤマメまでいる。 川の魚が中心であるが 妙に落ち着く場所であるのだ。 約束の時間より少し早めに行って ボッーとしている・・・ 極楽だね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も

今日も温泉に行ってきた。 場所は亀岡 綺麗なお風呂でしたが 私に会うのは昨日行った温泉 街中(田舎町ですが・・)にありながら だれも知らないような温泉 ピッタリです。 あまり人にきてほしくないなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本民家集落博物館

今日、豊中にある民家集落博物館に行ってきました。 古い大きな家がたくさんあり、楽しかったです。 昔の人は自然にある素材を最大限利用していたのですね 私もあんな大きな家に住み楽しく暮らしたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多可町

皆さん、多可町って町をご存知ですか? 昔は国鉄鍛冶屋線というローカル線が走っていたんです。 雄大な東山古墳群などがあります。 自然がいっぱいのゆっくりした町です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館

この頃、仕事で美術館に行くことが多くなった。 絵心なでまるでない私が、落ち着くのであります。 不思議なもんですねぇ・・・・ ちなみに今日は神戸市立美術館へ 建物も大きく広々とした感じが余計に落ち着かせるのかな? でもどうせ行くなら雨の日がいいね。 明日は雨なのにハイキング 一体私は何者?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more