12月旅行記~本州最西端・鉄旅~

日曜日

へパリーゼと鎮痛剤のおかげで二日酔いにはならなかった

予定よりも早く起きることができたので

新幹線を使わず移動できそうだ

今日の予定は九州を脱出し

18きっぷを使って山口県に「鉄旅」に出かける

あまり出かけることのないエリアなので楽しみだ

17時に博多に集合なのでそれまではフリータイムだ


同室の後輩を起こさないよう静かにシャワーを浴びたあと

荷物をまとめ出発した

博多から快速に乗り小倉へ

小倉の立ち食いそばで朝食

下関行きに乗換え関門トンネルを通って本州に上陸


ここから厚狭まで移動し

美祢線で北上

臨時列車「幕末ISHIN号」に乗る




画像




山を越え1時間ほどで日本海側の長門市に到着

山陰本線に入り東萩まで行く

左手には美しい日本海の風景が広がるのだ


東萩に到着「幕末ISHIN号は快速になり7分で折り返す

時間があれば萩を観光したいところだが

今日は同じ列車で折り返すことにする


長門市で下車

ここからは「みすず潮彩号」で本州の西の端を南下する

到着まで時間があるので腹ごしらえだ

食事場所を探すが見つからないので

仕方なくコンビ二の弁当で済ました


響灘(日本海)の風景を楽しむため

指定席をとることにした




画像



12時50分ころ「みすず潮彩号」到着

2両編成の後ろのほう2号車が指定席車だ

持参した文庫本と日本海の景色を楽しむことにしよう



画像




長門市を出発後

巨大なるローカル線山陰本線を行く

このあたりに来たのは何年前だろうかな

丹念に各駅に止まって行く

種別は普通列車なのだが

観光列車だけあって海の見えるビューポイントでは

駅でなくても止まってくれるのだ



画像





景色と読書を堪能し下関に到着

このまま関門トンネルで行ってもいいが

昔日を偲んで連絡船で九州へ渡ることにした

下関の港までバスで移動

昨日巌流島に渡った船と同じような船で門司に渡る



画像





潮の流れの速い関門海峡をつっきり5分で到着した

門司港からは快速に乗る

小倉で特急「きらめき」に乗り換え博多へ




画像




家族へのお土産を買い

新幹線で帰って来た


よく遊んだ2日間だったのだ・・・おわり

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック